Alones

あなたの働き方、生き方、暮らし方をデザインする

写真を仕事に|フォトグラファーの種類、なり方、稼ぎ方を解説

写真を仕事に|フォトグラファーの種類、なり方、稼ぎ方を解説

写真を仕事にしたい!でも何をどう仕事にすればいいんだろう…。

そもそも写真家と一口に言っても、色々な呼ばれ方があります。写真家、カメラマン、フォトグラファーなどなど…適切な情報がなければ、たくさんあってなにがなんだかわかりませんよね。

そんな方に向けて、写真を仕事にするとはどういうことか?そもそもどんな仕事で、どうに収入を得ているの?というところを解説してみようと思います。

写真家の種類

写真を仕事にする種類について。

まず、「フォトグラファー」と「カメラマン」の呼び方の違いについてですが、大きな違いはないようです。強いて言えば、フォトグラファーは「芸術分野」を扱う際、カメラマンは静止画のほかに「CMやドラマなどの動画」を扱う際、その呼称で呼ばれることが多いようです。

次に、写真家の仕事内容は大分類で2つに分けられそうです。

商業写真=クライアントの要望に沿った写真
芸術写真=芸術における表現のための写真

以下では「商業用」と「芸術用」の写真を扱う仕事について言及していきたいと思います。

商業用写真家

商業用写真は、クライアントの要求のもとに撮られた作品を指します。例えば、週刊誌に使われるモデルや、CDパッケージ、映画ポスターなどの写真ですね。

商業用写真家は、クライアントの依頼をもとに、人や物を撮り、作品を納品することで、ギャランティーを得ます。

そのほかにも、証明写真や記念写真を撮るプロの写真家なども、こちらに分類できそうですね。

芸術写真家=アート写真

芸術写真は、その名の通り、芸術のもとに撮られた作品のことです。

収入方法ですが、芸術写真は商業用写真と異なり、クライアントが存在しません。従って、自分の作品を売らなくてはなりません。

例えば、美術館や個展などで発表する、または個人の写真集を出版するなどが主な活動になります。

写真家になるには?そして稼ぎ方は?

さて、以上では写真家の種類や仕事内容について解説しました。

それでは、写真家になるためには具体的にどうすればいいのでしょうか。考えられるのは二点で、

・組織に所属して仕事を得る
・フリーランスとして自分で仕事を得る
というものがありそうです。

写真事務所・スタジオに勤務する

人物や物の撮影を中心とする「スタジオ」に勤めることが一番手っ取り早そうです。また、プロカメラマンが撮影する様子を身近で見ることができるので、自分の技術を磨くためには、とても良い環境であると言えるでしょう。

フリーランスとして仕事を得る

組織に所属せずとも、フリーで食べていく方法もあります。

ただし、上記の組織に勤務する形態とは違い、技術はもちろん、業界内における一定の知名度が必要です。つまりコネクションですね。

または、インスタグラムなどのSNSアカウントで名を馳せるということも、フリーランスとしてやっていくための条件と言えそうです。

以下では、企業に勤めずとも、副業・フリーランスの写真家として稼ぐ方法を紹介していきます。

ストックフォト

ストックフォトとは、写真を売る、というとても分かりやすいマネタイズ方法ですね。

ストックフォトのためのウェブサービスが普及していて、個人でもインターネット間で簡単に写真を売買することができます。

例えば、amanaimages というウェブサービスは「写真を買いたい人」と「写真を売りたい人」を繋ぐサービスです。様々な有名クリエイターも在籍しているのが特徴ですね。商業用、芸術用、どちらも販売しているという点がとても魅力的です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングという「事業者」と「クリエイター」を繋ぐウェブサービスでも、写真家として収入を得ることができそうです。

例えば、クラウドワークスならば、仕事の受注を受けることができますし、逆に仕事に申し込むこともできます。

終わりに

以上、写真家の仕事について、なり方や稼ぎ方についてでした。

すごしでも写真家を志す方々にとって有益な情報になれば幸いです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top