Alones

あなたの働き方、生き方、暮らし方をデザインする

お笑い関係の仕事を始めたい方へ|職種やYCC(NSC)への進学方法を紹介

お笑い関係の仕事を始めたい方へ|職種やYCC(NSC)への進学方法を紹介

✔ お笑いに関わる仕事がしたいけど、何から始めたらいいかわからない
✔ YCCってどんなとこなの?

このページでは上記のように、お笑いの仕事に関心を寄せる人たちに向けた情報を紹介しています。

お笑い関係の職種やYCCについて、気になる方は是非ご覧ください。

お笑いに関係する仕事の種類|芸人だけじゃありません

お笑いで主役として登場するのが芸人です。しかしその裏では

✔ 構成作家(放送作家)
✔ プロデューサー
✔ 裏方スタッフ(技術、劇場スタッフ)

といった方たちが仕事をしています。

以下で彼らの仕事内容を詳しくみていきます。

お笑い関係の仕事①|構成・放送作家

構成作家はライブの構成や演出の企画が主な仕事です。

例を挙げると

✔ ネタ作り
✔ 番組のコーナー作り

こういったことを芸人さんと一緒に考えていきます。

テレビでいう放送作家にあたり、ダウンタウンのブレーンと呼ばれている高須光聖さんや森三中の大島みゆきさんの夫である鈴木おさむさんなどが有名です。

お笑い関係の仕事②|プロデューサー

プロデューサーはライブ全体の経営やキャスティングを行います

プロデューサーになるには、後述するYCCに通った後、芸能事務所や製作会社に入社する経路が一般的です。

お笑い関係の仕事③|裏方スタッフ

劇場や舞台で運営以外の裏方の仕事をする人を裏方スタッフとまとめました。

裏方スタッフはさらに、

✔ 技術スタッフ:音響、照明など専門的な業務を担当
✔ 劇場スタッフ:受付や小売りを担当

この2つに分けられます。技術スタッフは専門知識が必要ですが、劇場スタッフは敷居が低くアルバイトの募集も行なっています。

YCC(NSCビジネスコース)について|お笑い関係の仕事に特化した授業内容

YCC(よしもとクリエイティブカレッジ)は上記で紹介したお笑い関係の仕事の中でも

✔ 構成作家
✔ プロデューサー
✔ マネージャー
✔ 技術スタッフ

を目指す人たちへの教育を目的とした場所です。

2019年度からYCCはNSC(芸人養成学校)に合併され、NSCビジネスコースと呼称されるようになりました。しかし、授業の内容はYCCの頃と変わらないので安心してください。

授業内容ですが、YCCの卒業生の方が作成した動画で詳しく解説されています。是非ご覧ください。

動画でも紹介されていたように、NSCビジネスコースは授業内容の幅広さが特徴です。

✔ テレビ製作
✔ 舞台・イベント製作
✔ デジタルコンテンツ
✔ グッズ製作
✔ CD&DVD
✔ 作家&映画
✔ 書籍出版

動画内では実際の授業風景も紹介されているので、雰囲気を知りたい方は一度確認してみてください。

お笑い関係の仕事を学べるYCCへの応募方法|募集開始日や応募の流れ

YCC(NSC)に応募するには、書類や面接による選考を受ける必要があり、また応募時期も年度ごとに決まっています。

以下で募集期間の例や応募の流れを紹介します。

YCCの応募者募集期間について

2019年度のNSCビジネスコース(旧YCC)の応募受付期間は以下の通りです。

✔ 第1次募集締切:2018年12月末日 願書必着
✔ 第2次募集締切:2019年 2月末日願書必着
✔ 第3次募集締切:2019年 3月末日願書必着
✔ 第4次募集締切:2019年 4月末日願書必着

このように4期に分かれて募集を行っております。各月の末尾までに、応募したいNSC校に願書を提出する必要があります。

年度によって募集する月が異なります。翌年度以降に応募を予定している方は、公式ページの情報を待ちましょう。

また、第4次募集の締め切りを過ぎてしまうと、その年度は入学ができなくなってしまうので注意してください。

YCCの応募〜入学までの流れ

  1. 募集開始・説明会
  2. 書類選考
  3. 面接選考
  4. 合否通知・入学

入学まで上記の流れで進んでいきます。

各段階の詳細や注意点について解説していきます。

募集開始・説明会

募集開始と同時にYCC(NSCビジネスコース)に関する説明会が開始されます。

✔ 学校のコンセプト
✔ 年間の授業カリキュラム
✔ 願書提出〜入学〜卒業までの流れ
✔ 卒業後の進路先

このように学校について詳しく知ることができるので、応募前に話を聞くことをおすすめします。

書類選考・面接

応募をするにはまず願書の提出・選考を受ける必要があります。

  1. 願書の記入
  2. 選考料の振込
  3. 願書の提出・書類選考
  4. 選考結果通知
  5. グループ面接

書類は資料請求をするか、NSCの公式ページから印刷することができます。またwebサイト上からフォームを入力し出願することも可能です。

また、願書を提出するには、選考料として5,400円を振り込む必要があります。振込先の情報もNSCホームページで確認しましょう。

書類選考の結果は、願書に記入したメールアドレスに通知されます。合格の場合2次選考に移り、グループ面接が行われます。

合否通知

グループ面接後、合否通知が届き入学の有無が決まります。

合格の場合、4月からNSCビジネスコースの授業が開始となります。

YCCの受験の難易度|お笑いへの熱意あれば学歴は関係ない

✔ 選考で落とされることは滅多にない
✔ 学力は恐らく気にされない
✔ 中学さえ卒業していれば応募、選考に合格することも十分できる
✔ お笑い業界に対する熱意が大事!

確実な情報ではありませんが、選考の難易度は低いそうです。学費を用意できており、面接の際に簡単な応対ができれば合格できるという情報もあります。

そもそも選考内容は、個人情報の記入といった簡単な書類の提出や面接のみであることから、学力は全く気にしていないと捉えることができます。

また、web願書の記入欄を見ると、現在の職業欄に「高校◯年生」という選択肢があります。このことからも一般教養さえあれば入学条件を満たしているというNSC側の意図を感じます。

ただいくら簡単とはいっても、グループ面接で失礼な態度をとったりしてしまえば、不合格になる可能性もあります。お笑いに関する熱意を面接官に伝えつつ、真摯な態度で受けましょう。

お笑い関係の仕事の未来は明るい|是非チャレンジしてみてください

✔ お笑いの仕事は芸人だけじゃない。構成作家やプロデューサー、裏方など様々な人が関わり合っている
✔ お笑い関係の道に進みたいならNSCビジネスコースに通ってみよう。
✔ NSCビジネスコースやテレビ製作を始め、多くの知識を学べる。
✔ お笑いの仕事に学歴は関係ない。熱意さえあれば始められる。

今回の記事ではこのようなことをお伝えしてきました。

お笑いは機械化されない人間らしさを提供する、素晴らしい職業です。将来AIが台頭する中で、お笑いやエンタメといった人らしい文化をみんな求めと私は思います。

いつまでも人間らしくありたい。そういう気持ちが少しでもある方は、お笑い関係の仕事に就き、文化のさらなる発展・保護に努めてみませんか。

Alonesではお笑いだけでなく、世界中に存在する文化を紹介しています。興味がありましたら他の記事も是非ご覧ください。

ABOUT THE AUTHOR

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top